発注時の注意点

広告

事前に確認する事

チラシ印刷を業者に依頼する際にはいくつかの注意点があります。まずデータの入稿を行う前に細かいミスがないかの最終確認を行う事です。なぜなら完成品が届いて実際に見てからミスに気づいても払った金額は戻ってきません。その他にも業者毎にチラシ印刷にするデータの余白部分がどれ程いるのかが違います。正しい設定でない物に関してはチラシ印刷を引き受けてもらえない場合もあるので注意しましょう。仕上がり罫の位置を実線に設定しているとチラシ印刷を行った際にその線もデザインの一部として認識されます。リンク画像の確認も行っておきましょう。画像のリンクが知らない間に切れてしまっている場合もあります。防止する為にはデザインのエータをレイアウトデータと同じフォルダに入れておきましょう。ネットでチラシ印刷を依頼する際には必ず「オペレーターチェック」は行ってもらいましょう。もしここでオペレーターチェックを行わずにチラシ印刷を依頼した際にデザインが上下逆さまに印刷される様に設定ミスを行っていた場合には取り返しがつきません。もしもこの時の発注枚数が1000枚単位の場合だと損害は大きくなります。この様に入稿前の最終データチェックを疎かにしてしまうと思わぬ損害へ発展してしまいます。よくあるミスが注文する際のサイズが合っていない場合や印刷枚数の間違い等です。フチ無し印刷の場合に塗り足し印刷の設定を行っていない場合もあるので注意しましょう。

Copyright© 2018 広告でアピールする【チラシ印刷業者は広告作成のプロ】 All Rights Reserved.